スポンサーリンク

鏡の中の茶道とクリスマス

こんにちは、萌の会です。

突然ですが
想像してください。

年末が近づき、街はすっかりクリスマスの雰囲気で
溢れています。

image

夜になるとイルミネーションが輝いています。

image

ツリーの前で楽しげに写真を撮る人々。

さて、質問です。
あなたの中にどんな感情が生まれましたか?

クリスマスが待ち遠しくてワクワクしましたか。
子供の頃のクリスマスを思い出しましたか。
ちっ、浮かれやがってと心の中で舌打ちしましたか。
きらきらとした街並みに元気が湧いてきましたか。

同じ景色を見ていても、湧きあがる感情は人それぞれ。

これって、心理学的には投影といって自分が見ているものは、
自分の感情を映す鏡ってことらしいです。

(萌の会って、茶道教室じゃないのー?)

そうです、そうです。
季節的にクリスマスを例にしましたが、茶道で考えても
同じなんです。

わたしが大学で茶道部に入ったきっかけは
美味しいお菓子とお茶があるから!
(なんとも色気のない動機です…)

忘れもしません。
当時のわたしは、稽古が終わった帰り道、不満な気持ち
でイライラしてることがありました。

なぜか?それは…

何時間も正座して、お菓子1回しか食べられなかった!!

足りない。もっと食べたい!

と、思ってたんです。
(きゃ、恥ずかしい…\(//∇//)\ )

今は、そんなことは思わなくなりましたが
同じお点前をしても、その日の気分が反映されて
お点前の出来も湧き上がる感情も毎回違います。
(と、自分だけが感じています)

そんなとき、心の中で
鏡、鏡と思っています。
(白雪姫のお婆さんじゃないですよ)

茶道のお稽古は、自分に向き合うこと。
まさにその通り!

みなさんは、お稽古してるとき
どんな感情がわいてきますか?

ちなみに、きょうのタイトルもホッテントリメーカーです。
偶然ぴったりなタイトルが生成されましたw
(いつまで続くんだ、この長いタイトル、、と思ったあなた!
わたしが飽きるまで続きますよ♪)

そして、さいごに
萌の会、ブログランキングに参加しています。
食いしん坊、どんまい!と思った方は、これ↓をぽちっとな。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA